社労士開業のための実務講座です。

労働基準監督署について

労働基準監督署について

今回は、「労働基準法その他労働者を保護する法律に基づいて事業場の監督や労働者災害補償保険(労災保険)の給付を行う機関」、「労働基準監督署」についてです。

一般的に社会保険労務士が関わるのは

・労務基準法に関する業務を担う部署である「監督・方面」

・労災保険の給付などを行う「労災課」

・職場の安全や健康診断に関して監督する「安全衛生課」

上記3つがあります。

(地域によっては、部門が一緒になっている場合もあります)


・「監督・方面」⇒労働基準監督署の内部組織は、労働基準法などの関係法令に関する各種届出の受付や、相談対応、監督指導を行う

・「安全衛生課」⇒事業主が働く人たちの安全管理を適正に行っているかを監督する

・「労災課」⇒労働者災害補償保険(略して「労災保険」)加入に関する処理や、実際に労災事故が起こったときの対応を行う

労働基準監督署の窓口は上記のようになっています。


労務基準監督署は、社会保険労務士が関わる役所の中では、ある意味異質な役所です。

ポイントは「署」という字が入っていること。

「公共職業安定所」「年金事務所」などに使われている「所」の字と違うのには、訳があります。

労働基準監督署には「労働基準監督官」が置かれています。

労働基準監督官は、事業場、寄宿舎その他の付属建設物に臨検し、帳簿及び書類の提出を求め、又は使用者もしくは労働者に対して尋問を行うことができます。

そして、労働基準法違反の罪について刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行います。

つまり、逮捕権を持っているのです。


企業の経営者などが「労働基準法で送検された」なんてニュースを見ることがありますが、この場合その経営者を捕まえたのは「警察署の警察官」ではなく「労働基準監督官」なのです。

「取り締まり・逮捕権限を持つ役所」ということで「監督所」ではなく「監督署」となっています。


社労士開業セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional