社労士開業のための実務講座です。

日本年金機構(年金事務所)について

日本年金機構(年金事務所)について

2010年に、この「日本年金機構(年金事務所)」という名称にあるまでは「社会保険事務所」という名称でした。

初対面の方に「社会保険労務士です」と名乗ると「社会保険事務所にお勤めですか?」とよく尋ねられたりしました。

国の機関であった「社会保険庁」が解体され、特殊法人である「日本年金機構」が公的年金部門を担うこととなり、その窓口機関として設置されています。

年金事務所の中でも社労士が関わるのは、主に「健康保険」「厚生年金」に関する手続きを行う場合です。


ちなみに、年金事務所には下記のような窓口があります。

「適用」⇒健康保険や厚生年金等の社会保険への加入に際して。また社会保険に加入している適用事業所に対する調査等に関する業務

「徴収(保険料)」⇒健康保険や厚生年金等の社会保険への加入の際に必要な費用を納める窓口

「年金給付」⇒通常年金事務所の1階にあり、個人の年金相談や年金裁定請求手続きを受け付けている。


健康保険、厚生年金に事業所として加入する場合に、一番に訪れるのが「適用」の窓口です。

社会保険への加入に際して、また社会保険に加入している適用事業所に対する調査等に関する業務を行っているため、加入要件に関する問い合わせや相談にも対応します。


社労士開業セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional