社労士開業のための実務講座です。

社労士として名刺の作る時の注意点

社労士として名刺の作る時の注意点

顧客に限らず、交流会などでも、初対面の方に名刺を渡す機会は多いでしょう。

名刺は、会社勤務であれば会社から支給されますが、開業すると自分で作らなければいけません。

昔であれば「事務所名」「肩書(資格)」「氏名」「事務所の連絡先」、事務所名の上には資格バッジの箔押しがされた、「先生名刺」と呼ばれるものが多かったでしょう。

しかし、名刺といえども営業ツールのひとつです。

名刺を見て、ご自身の人となりや仕事内容に興味をもってもらい、その後の会話に繋がるようなものが望ましいです。

名刺だけもらったものの「あれ、この人はどんな人だったかな」と全く記憶に残っていない、となってはもったいないですよね。

「名刺交換した際の話題つくり」になるような情報を記載しておくと良いでしょう。

「社会保険労務士」も一般的にあまり知られていない職業のひとつですので、資格名だけでなく「どんなことができるのか」を具体的に書いておきましょう。


社労士開業セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional