社労士開業のための実務講座です。

社労士の独立のタイミング

社労士の独立のタイミング

企業勤務に不満はないとしても、ふと「独立開業したら、どうなるのだろう」と思うことがあるかもしれません。

私が勤務登録から開業登録に変わった時に、複数の企業勤務の社労士から「開業について、話を聞きたい」と声をかけられました。

彼らは皆「今の会社員としての生活にある程度満足はしているけれど、いつかは独立開業をしてみたい」という想いに揺れている、といった雰囲気でした。

このブログを読んでくださる方の中にも、そんな想いを持てれている方もいるのではないかと思います。

独立のタイミングで「ここです」と言うものはありません。

独立後の資金・戦略、事業計画や事務所をどこにするか・・・準備しておくべきことはたくさんあります。

しかし「これだけ準備しておけば大丈夫」という正解はないのです。

何より大事な「集客」は、始めてみないと分からないのですから。

ただ悩んでいても、結論は出ません。

まずは、動いてみることをオススメします。


「いつかは独立してみたいけど・・・」と日々悩んでいるのでしたら、まずは行動してみましょう。

すでに開業している社労士との付き合いを増やすことをオススメします。

都道府県会や支部のイベント、研修に参加した時などに開業社労士に話しかけてみましょう。

開業社労士の中には元は勤務社労士だった方も多いので、昔の自分を思い出して色々な話を聞かせてくれることも多いでしょう。

実際に勤務社労士から独立開業をした方の「生の声」は貴重なものです。

また、開業社労士とのパイプができていれば、あなたが独立開業した時にはすでに「顔見知り」になっているでしょう。

開業社労士同士のネットワークがあるので、独立したばかりでも情報が入りやすくなります。

開業社労士は勤務社労士の情報や経験を聞きたい方も多いですから、ギブ&テイクの関係になります。

ですから遠慮せず、どんどん話しかけていきましょう!


社労士開業セミナー

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional